第3類医薬品とは?そのメリットとは?

第3類医薬品とは?そのメリットとは?

第3類医薬品とは?普通の薬とどう違うか?

 シミの改善というと、化粧品や美容液など本当に沢山の対策方法があるものですが、第3類医薬品というものを知っていますか?
 私が現在使っているロスミンローヤルも第3類医薬品です。
 簡単に言ってしまうと、効果をやや薄くしているぶん、副作用が出にくい薬というわけです。

 

 ドラッグストアなどで販売されているシミの改善内服薬やビタミンCやビタミンC誘導体などが主成分となっている塗るタイプのものなどです。
 こういった第3医薬品本当に効果なんてあるの?と思ってしまいますが、やはり『気の持ちよう』部分のようなものもあるものですが、確かに有効成分の恩恵あって改善にはとても重要な役割を果たしてくれます。
 いくら肌の上から有効成分たっぷりの化粧品を使ってもなかなか改善がされない。と、いった場合には、内側からのケアとしてこのようなものを用いてみるという手段に出る事は決して悪い事では無いと思えます。

 

第3類医薬品を使うメリット

 第3類医薬品とは、つまり一般の人が処方箋が無くても購入が出来る一般用の医薬品のうち3ランクの3番目に値するものだそうです。
 つまりは、その中で最も安全性が高いものという見方が出来るものです。
 ですので、この第3医薬品は、ドラッグストアなどの薬の販売の許可を持って居る登録販売者が販売する事が出来る上、販売者自身もお客さんが購入時に質問でもしない限りは薬に対する情報を話す義務も一切ありません。

 

 そう考えるとこの第3医薬品の最大なメリットとすると、特に処方箋なども必要とするワケでも無いので、ドラッグストアで手軽に購入する事が出来るものです。
 更に言ってしまえば、インターネットや電話などでも通信販売が可能というところですね。
 そう考えると誰でも簡単に購入をする事が出来るといった大きなメリットがあるようです。
 医薬品は試してみたい。でも副作用がちょっと怖いという方にはいいですね。

 

 

私のシミ解消法に戻る

ホーム RSS購読 サイトマップ